寿司

安い、うまい、せまい。船橋の名店「吉光船橋北口店」

JR総武線船橋駅北口より、徒歩3分くらいのところにある立ち食い寿司 「吉光船橋北口店」。 第一印象はせまい。 店の中はカウンターのみで、5,6人が入るともう満員です。 そしてこのお店では、おしぼりは出てきません。 目の前にある蛇口があります。 こ…

寿司ネタのちょっとした雑学~うに~

うにってどんな奴? 食用として 食品以外にも 今回の寿司ネタの紹介はウニです。 うにってどんな奴? うには世界中の海のどこにでも生息している生物で深海の底から浅瀬まで住んでおります。なんとその種類はおよそ870種類。また種類や環境にもよりますが寿…

埼玉発の「野菜すし」が問い合わせ殺到中

野菜寿司を聞いたことがありますか? 野菜寿司の種類 提供しているお店 まとめ 野菜寿司を聞いたことがありますか? 野菜寿司ってご存知ですか? 海がない埼玉県の寿司組合が開発した寿司です。

シャリ食べ残し問題に思う

先日、シャリを食べ残した投稿写真が話題になった。 これはインターネット上で話題となって一日で最大535件ものツイートを記録した。 実際、この問題を受けた店舗の一つである、寿司銚子丸の一部の店舗では シャリの大きさを変えた注文を受け付けている。そ…

寿司ネタとしてのカツオとカツオのたたき

カツオといったらたたきが有名ですがもちろん寿司でもあります。 ただ東京湾で獲れないこともあり本来の江戸前寿司ではありません。 そして寿司ネタとしては脂がのっている秋が一番おいしいです。 ただカツオはクセが強いのでショウガやネギと一緒に食べると…

アオヤギとその由来

寿司ネタとして有名な「アオヤギ」の正体は こいつです↓↓↓ 出典:hachimenroppi.com 名前はバカガイといいましてむき身の部分をアオヤギと呼んでおります。 なぜバカガイ? バカガイと呼ばれる理由は諸説あります。 ・貝殻が薄く割れやすいから(破家貝) ・…

寿司ネタ:のどぐろ

本日紹介のネタはのどぐろ。 のどぐろってこんなやつです。 出典:zukan-bouz.com 出典:hama-uosyo.com のどぐろの由来はみてのとおり、喉の奥が黒いから。 また、のどぐろの別名はアカムツと言いまして、由来は赤い色をしたムツというそのまんまでございま…

下僕である人間にとって高級でも、ぬこ様は見向きもしない寿司ネタ

ブログ主は寿司が好きです。そんなわけで寿司ネタについて色々と調べてみました。 という訳で初回はトロ。 その前にマグロ。 マグロと日本人は古くからの付き合いで縄文時代からの付き合いなんですって。 でも当時は人気なかったみたい。保存方法がなく腐り…

寿司ネタ:カリフォルニアロール

たまには海外のネタということで、その第一弾として カリフォルニアロールをあげます。 このカリフォルニアロール、 発祥はロサンゼルスのリトル東京に開店した「東京會舘」のスシ・バーによって1963年に考案されたとされています。 今でこそ、寿司はグロー…

寿司ネタ:アナゴ

今日の寿司ネタはアナゴです。 アナゴの旬は6月~8月で江戸前寿司でも夏のネタです。 穴子の名前の由来は「砂地などの狭い穴に潜んでいるから」とも言われています。 寿司に出すまでに手間と工程がかかる為、職人さんの腕の見せ所とのことです。

寿司ネタ:タマゴ焼き

次の紹介はタマゴ焼き。 いつからあるのかというと江戸時代からお寿司屋さんで食べられていたとのこと。 よく言われる説がほんのりとした甘さがお口直しになる説と飯台に乗せたとき 色彩的においしさが増すからだということです。

寿司:赤身

赤身について トロに続いての紹介はマグロの赤身の紹介です。 赤身はトロを除いた部分のことを指します。 由来は肉が赤いから・・・と何のひねりもありません。 ちなみにマグロは昔、シビと呼ばれ縁起の悪い魚だった。 当時の魚の保存方法は水槽で生きたまま…