ひらがな一文字をGoogleで検索したら、なんとあの文字が検索数1位だった。

ひらがな一文字で一番検索されているの文字が何なのか知りたくなって調査しました。

その結果を下に示します。

条件

 検索日は2017年7月5日午前7時

 検索エンジンGoogle

 清音のみ。濁音などは除く。

結果

検索結果1位は「」でした。また最下位は「ひ」、「ほ」、「む」が並びました。

検索結果

1位の「の」の検索数はおよそ69億4千万

最下位の「ひ」、「ほ」、「む」は1億2千100万

その差はおよそ57.4倍です。

その差はいったいどこから来たのでしょうか?

考察してみました。

考察

ひらがな

「の」の場合、杉浦太陽さんと辻希美さんの人気芸能人が活動している

Amebaブログがトップページに来ております。そしてお二人のブログ名に「の」

が入っております。

 

一方「ひ」においては(他の二つは割愛させていただきます)

下の図からも分かるように正直、パッとしないものがトップページに来ております。

人気ない

よって「の」がひらがな検索数が1位になったのは、パワーブログのタイトルに

検索文字が入っているからだと思われます。

まとめ

たった50文字前後のひらがなですが、検索数にここまで差が大きくなるとは

思いませんでした。もちろん検索数や検索トップページに出てくる結果は水物なので、

この順位は入れ替わりが発生は十分あり得ます。ただ最下位の文字が最上位の文字を

押しのけることは、50倍以上の検索数があるためそうそうないかと思います。

次は漢字とか、この結果が次にどう変化していくのかを調べてみたいと思います。