ARIA第一巻、第二巻を読んで

アニメ「ARIA」シリーズの原作はAQUAが全2巻、ARIAが全12巻あります。

僕はアニメからマンガに入りましたが、お気に入りのマンガの一つです。

今回は、ARIA第1,2巻の紹介をします。

ARIA 1

季節は秋になり灯里も衣替えすることから始まります。

 

半人前の灯里はひょんなことから観光に来ていて迷子になった

地球(マンホーム)出身のおじいさんと一緒に娘夫婦を探しつつ

ネオ・ヴェネチアの町案内をします。

 

何もかもが合理化された地球と不便だらけのアクアの対比が

灯里とおじいさんの会話で描かれており、地球の様子が

少し垣間見えてきます。

 

 

 舟(ゴンドラ) のをピカピカにする回では、アリシアさんが

のりのりで舟を漕ぐシーンが必見です。またここで

灯里が愛華恥ずかしいセリフ禁止!」

と言われてしまいますがそれは読んでみてのお楽しみ。

 

他にも、実際のヴェネチアにあるためいき橋や京都にある

伏見稲荷大社をイメージしたお話があります。とっても

きれいな絵が描かれていますので、そこもまた読みどころです。

 

ARIA (1) (BLADE COMICS)

ARIA (1) (BLADE COMICS)

 

ARIA 2

季節が冬になりARIAカンパニーも冬支度が始まります。

 

 灯里、愛華アリシアの三人が温泉に行く回があります。

アリシアさんの温泉講座と三人のセクシーな姿が拝めます。

アリシアさんの酒豪っぷりが明らかになります。

 

またこの巻で新キャラでアル君が登場します。

アル君はアクアの重力管理のお仕事をしており、灯里達と同じく

まだ半人前です。アル君との絡みは今後が楽しみです。

 

アクアでの新年を灯里は迎えますが年越しと初日の出の間で

年越しの賑やかさと初日の出のときの静かさが印象的でした。

そしてこの期間、灯里の恥ずかしいセリフが連発されます。

 

他にも猫にまつわるお話がありちょっぴり不思議なお話が

あります。

 

AQUAに続いての紹介になりましたが、癒しを求めている

人にはぴったりのマンガだと思います。

 

ARIA 2 (BLADE COMICS)

ARIA 2 (BLADE COMICS)