ブックマークした記事の紹介

f:id:kirakira_rin:20170727214823j:plain

少し前にブックマークした記事がありますので紹介します。

saru-chaaan.hatenablog.com

食中毒ですと豚肉が有名ですが、鶏肉も危ないんですね。

この記事に出会うまで鶏肉については、気にしていませんでした。

 

そして、鶏肉の食中毒について気になりましたので僕なりにも

調べてみました。

 

鶏肉の食中毒の原因菌はカンピロバクター(以降カンピロ君)

とのことです。ところでこのカンピロ君

大きく以下の特徴があります。

 

  1. 冷蔵庫の中でも生きてます。
  2. 食中毒の原因の中でも実はトップクラス
  3. ペットからも感染

 では、一つづつ見ていきます。

 

1.寒くても生きられます。

 

このカンピロ君は冷蔵庫の中に入れたからといって死にません。

増殖は落ちますけど。

 

気をつけたいのが冷蔵庫の中をぎゅうぎゅうにしないことです。

なぜなら、ぎゅうぎゅうに詰めると食材どうしがくっついて

さらに、カンピロ君まで他の食材にくっつくからです。

 

だから野菜とかにくっつくと、サラダから食中毒になることもあるとのことです。

 

2.実はトップクラスの隠れた実力者

 

突然ですが日本で一番高い山は富士山ですが、二番目はご存知ですか?

答えは北岳です。

 

一番は有名でも二番目以降の知名度がぐっと下がるのは

食中毒の世界も一緒です。

 

一番有名なノロウイルスの次くらいにカンピロ君が原因の食中毒は多いのです。

 

3.ペットからも感染する

ペットは症状を示していなくてもペットがカンピロ君を持っていて、

それが手などにくっついたのが原因で食中毒になることもあります。

 

これは食中毒っていう呼び方よりも動物由来感染症ですね。

 

予防策

また調理の順番も大事です。

 

鶏肉→野菜

鶏肉にいるカンピロ君が包丁やまな板にくっついて食中毒になることもあります。

 

野菜→鶏肉

鶏肉が最後だからまだカンピロ君は包丁やまな板にいない。

 

ですので、調理するときは、順番も考えて行いましょう。

 

次に食肉を十分に加熱して調理することです。肉の中心が

白く変わるまで加熱することが大事です。

 

食中毒に関して下のリンク先に詳しく乗っています。

カンピロバクターのより詳しい説明(Q&A)» 知って防ごう カンピロバクター食中毒|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

 

まとめ

気になった記事を調べてみて新たな発見に出会えました。

Saru_chaaanさんには感謝です。

 

食中毒に関しては、ちゃんと火を通せば発症する可能性は

かなり低くなることが分かりました。

 

特に夏は食中毒が多くなる季節ですので

気を付けていきましょう。

 

以上、おしまい。