イタリア、ヴェネチアで4月25日、愛する人に赤いバラを贈るイベント、ボッコロの日。

f:id:kirakira_rin:20170709210334j:plain

どんな行事

4月25日、イタリアのヴェネチアで行われる行事です。

 

ボッコロはバラの蕾という意味で、ヴェネチアの男性は

愛する女性に一輪の赤いバラを贈る風習です。

 

ロマンチックな風習ですね。

でも、この風習には、昔々におきた悲恋のお話があるのです。

f:id:kirakira_rin:20170709213310j:plain    f:id:kirakira_rin:20170709213321j:plain

言い伝え

遠い遠い昔、ある男女が愛し合っていました。マリアとタンクレディです。

ところがマリアの父の反対で二人は結婚することができませんでした。

 

そこでタンクレディは戦いで手柄を立てることでマリアの父に

マリアとの結婚を認めてもらおうと奮闘します。

 

しかし、その戦いの最中、敵の兵士に刺されてしまいます。

そこには白いバラが茂っておりました。

 

死を悟ったタンクレディは有名なフランク人騎士オーランド

に自分の血に染まった手折った一輪の白いバラ

渡してほしいと伝えます。

 

そして、マリアはオーランドからタンクレディの死を伝えられ

その血染めのバラを受け取りました。

 

それは4月24日、「サンマルコの日」の前日でした。

翌日、「サンマルコの日」の日、マリアは血染めのバラを抱いた姿で

遺体で発見されました。

 

この二人の想いが人から人へ伝えられていき

4月25日は愛の印としてバラを贈るようになったのです。

 

あとがき

この話、天野こずえ先生のARIAで知りました。

ARIAについては、どこか別の機会で紹介したいと思います。