Paydayって何だ?気になって調べてみた。

Paydayとは


株式会社バンクが制作したアプリで2017年7月7日現在まだリリースされておりません。

 

謳い文句として「毎日をお給料日に

概要としては

必要な時にすぐにお金を受け取ることができるアプリ。

給料日と平均月収を入力するだけで1日に受け取れる金額が決定される。

ひと月に3回までお金を受け取ることができる。

次の給料日後の1カ月以内に支払いをする。

 

 App storeおよびGoogle playからダウンロードができる模様です。

使い方の例


 

7月30日:給料日

8月5日:Paydayで1万円受け取る。

8月10日:Paydayで1万円受け取る。

8月20日:Paydayで1万円受け取る。

8月31日:給料日

 (この期間に3万円支払う。)

9月30日:給料日(この日までに受け取った3万円を支払う)

money

疑問点


どうやって利益を得るのか?

 僕の最初の疑問です。このPayday、上記の例でも挙げましたが、3万円前借したら

 3万円を次の月の給料日に払う仕組みです。

 はい、利息が発生しません。どうやってこの会社は利益を得るのでしょうか?

 運営するだけでもお金がかかりますから、利用者が全員前借したお金を期限までに  支払いをしたら赤字になります。このアプリの制作会社はスタートアップしたばかり ということなので知名度アップのためのアプリということも考えられますが

 CASHの二の舞いならないか不安です。

期限までに払えないまたは払わなかったらどうなるの?

 これもまだリリース前もありベールに隠されています。一度に前借できる額は最初に登録した月収から計算されるとのことですが、この登録する金額に対する審査があるのでしょうか?

見栄をはって月収200万円とか登録したら、一度に多額の金額を前借することも可能になるわけです。その結果、期限までに払えない人が続出すること間違いなしです。

この辺の対策どうなっているのでしょう?

リンク先


payday365.jp

運営会社

bank.co.jp

この会社、あの「CASH」を生んだ会社です。CASHは現在、2017年7月7日現在、 サービスが停止中でありいつ再開されるのかが分からない状況です。そのためPaydayもいつ配信がスタートされるかわかりません。

あとがき


 Paydayの機能は給料の前借りとほぼ同じと思われます。しかし配信されていないこともあり、情報量が少ないのが現状です。ホームページに書かれている情報もざっくりとしか載っていませんし。

鬼が出るか蛇が出るか分かりませんが、ツケ払い、メルカリ、VALU、CASHそしてこのPaydayと一気に色々なものが出てきている今の時代、お金についてもっと学ばないといけないと記事を書いていて思いました。