2017年からタイムスリップ。100年前に起きた出来事

f:id:kirakira_rin:20170918203444j:plain

2017年現在からみて100年前に当たる1917年にどんな出来事が

あったのか少し気になって調べてみました。

第一次世界大戦の真っ最中

第一次世界大戦は1914年~1918年にかけて行われた

人類最初の世界大戦です。

 

1917年なので、まだ戦時中ということになります。そのため起きた出来事は

多くが戦争がらみになってきます。

 

戦争がらみの出来事

ドイツが無制限潜水艦作戦を開始します。

どんな作戦かといいますと、敵国に関係のありそうな船舶は警告なしで

問答無用で攻撃する作戦のことです。

 

この作戦がアメリカが参戦する要因の一つになるのですが。

 

4月には、アメリカが

8月には、中華民国

ドイツに宣戦布告をします。

 

ドイツ、敵を増やしすぎです。

 

11月にイギリスがバルフォア宣言を発表します。

どんな宣言かといいますと、イギリスの公式方針としてパレスチナユダヤ人の

居住地の建設に賛成しその支援をするという宣言です。

創立した会社

結構有名な会社が創立している年でもあります。

 

2月には現在のビオフェルミン製薬にあたる神戸衛生実験所が

3月には理化学研究所

7月には現在のニコンにあたる日本光学工業株式会社

9月には現在の森永乳業にあたる日本煉乳株式

12月には現在の明治乳業にあたる極東練乳

 

が創立しています。

 

日本国内の出来事

9月に大正六年の大津波と呼ばれる高潮水害が発生します。

台風で集中豪雨が発生し、千葉の浦安町が全町が水没し、行徳にあった塩田も

壊滅的な被害が出ました。

 

日本サッカー初の国際試合

この年に日本は初めてサッカーの国際試合に参加します。

5月に行われた極東選手権大会で日本代表として東京高等師範学校が

中華民国チームと対戦します。

 

結果は0-5で負けてしまいましたが、それから100年たって

日本はワールドカップ出場の常連となるほど強くなりました。

終わりに

 100年前の1917年は戦争真っただ中でした。100年後の現在も

北朝鮮の動きがより危険になっており、戦争は始まってはいませんが

いつでも起きてしまうような雰囲気になりつつあります。

 

また100年後の現在も残っている名だたる企業が産声をあげた

年でもありました。

 

次の100年後はどうなっているのでしょうか?

テクノロジーの進化はかなり進んでいると思いますが

人間の根本的なことはほとんど変わらないような気がします。

 

おしまい。

 

 

 

LPIC レベル1の101取得に向けて

仕事で仮想環境をよく使うので、せっかくなのでLinuxの知識を体系的に

つけておこうと思いLPICの勉強を始めました。

学習に使っている教材

ただいまLPIC レベル1の資格取得に向けて勉強していますが

使っている本は

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

 

 通称、あずき本というやつです。コマンドを叩いた結果が

例として挙げられているほか、コマンドのオプションも表になっています。

 

ping-t.com

というオンライン問題集でLPIC 101は登録すれば無料で使えます。

LPIC 102以降は課金が必要です。

 

無料といいますが問題の量が600問以上あるため、かなり

コンテンツが豊富な印象です。

 

自分は、Linuxのコマンドこそ仕事でたまに使いますが、Linuxについて

ほとんど分からないのが現状です。

 

自分がどんなレベルか

・システム軌道の流れについてここで初めて知りました。

 

ざっくりと書くとこんな感じですね。

 

BIOSー>ブートローダーー>カーネルー>init

 

続いて

 

ランレベルって何それ?・・・食えんの?

 

Linuxの動作モードにはいくつかあります。

シングルユーザーモードとマルチユーザーモード、停止、再起動

そして未使用。

 

シングルだとrootユーザーしか使えない、マルチだと一般ユーザーも

利用できるモードです。

 

ちなみにデフォルトの設定でランレベルを停止や再起動である0や6にしてしまうと

立ち上げた瞬間、停止したり再起動するので設定してはいけません。

 

だったら、設定できないようにエラーチェックに入れておいてほしいものですが。

 

こんなレベルからスタートしています。

ちなみにweb問題集を解いた結果、まあ大体10~20%ぐらいの

正解率なので合格まではまだまだかかりそうです。

 

 

おしまい

「のりたま」と「ごまぽん」をパスタのソースにしたら意外といけた

 昼ご飯にパスタを食べようと思ったけれど、ソースがなかったので

代わりのもので代用したら意外といけたので紹介します。

 

使用した材料は

 

丸美屋 のりたま NP 28g

丸美屋 のりたま NP 28g

 

  と

ミツカン ごまぽん 350ml

ミツカン ごまぽん 350ml

 

 の2種類です。

作り方はとっても簡単で茹でたパスタにごまぽんをかけて、

のりたまを振りかけるだけの代物です。

 

たったこれだけです。

 

f:id:kirakira_rin:20170910132449j:plain

きざみのりの香りがほんのりと漂ってくる和風パスタの完成です。

 

感想

ごまぽんがさっぱりとしていて飽きがこない味となりました。

のりたまのたまごのほうはよくわからなかったですが

きざみのりの風味が食欲をそそる香りとなっておりました。

 

 

ただ、ごまぽんはドレッシングとして開発されていますので

トマトとかレタスなどを添えた冷製パスタにすると

ごまぽんの本来の力が引き出せるような気がします。

食べてから気が付きました。

 

また、パスタ用のソースはスーパーで多くの種類が販売されていますが

毎回、買っていくと結構お金がかかるので、この方法は

以外にコスパがいいのではないかと思いました。

 

多分一食あたり、ソースにかかった費用は20~30円くらいでしょう。

 

さっぱりとした味が好きな方はぜひ試してみてください。

 

おしまい。

ブログを書いていて思うこと

f:id:kirakira_rin:20170715082859p:plain

タイトルにも書いてある通りですが

 

毎日書くのは思っている以上に難しい・・・です。

 

実際に現在毎日更新できていない現状です。

 

継続することの難しさを改めて知ったという感じです。

 

同じことを思っているブロガーさんは結構多いはず。

 

言い訳はたくさんあるけれど、今までよりもブログにとれる時間が

少なくなったのが大きいです。

 

業務の内容が変わったのでそれに関する勉強や、資格の勉強とかで

結構取られます。

あと、ネタが枯渇気味っていうのもあります。

 

対策として

1・書くスピードを上げる

2・今勉強していることなどをネタにする

 

で行こうかと思っています。

1は、目標として1000文字/30分

2は、現在はLPICの資格取得の勉強を始めたばかりなので、そいつもネタに

しようと企んでおります。

 

自分はこの作戦でしばらくやっていこうと思うので、とりあえず

第一目標の100記事までやり抜くぞ!

 

 

おしまい。

 

 

Windows 10 homeでvagrant + virtual boxで仮想環境を構築したお話

f:id:kirakira_rin:20170905204625j:plain

 

仮想環境の構築開始

仮想環境の構築はおなじみのコンビvagrant + virtual box

 

適当なディレクトリを作って、その中に

vagrant init でVagrantfileを作成して

vagrant add ~~ でboxの追加までは順調だった。

 

なぜか進めない

そして、いざvagrant upをしたのだが

SSH auth method: private key

から一行も進まない。

ためしにVagrantfileの中にあるファイルを

 

config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
# # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
vb.gui = true
#
# # Customize the amount of memory on the VM:
# vb.memory = "1024"
end

と書き換えてみたところ、

 

f:id:kirakira_rin:20170905203744p:plain

というエラーが出た。

 

そこで、BIOSの設定を見てみたところ

virtual technology [Disabled]

となっていたのでEnabledに変更したところ、無事

仮想環境の構築ができました。

 

ところが

 

これで素直に終わらしてくれないのが環境構築・・・

 

 次の問題

エラーメッセージが謎の外国語が出てきました。

Datei oder Verzeichnis nicht gefunden

 

・・・

 

なんやねんこれ。どうやら

No such file or directory

を意味しているドイツ語のことだそうです。

 

なので

sudo su

でroot ユーザーになった後

cd /etc/sysconfig

で移動し

i18nというファイルを開けます。

 

そうすると

LANG="de_DE.UTF-8"

となっていたので、

LANG="en_US.UTF-8"

に変更して

 shutdown -r now

でシャットダウンをしました。

 

再び立ち上げると、ちゃんとエラーメッセージが

No such file or directory

となっていたのでひとまず構築は完了しました。

 

 終わりに

もしパソコン変えて、OSがWIndows 10 homeで

仮想環境を構築しようとしている方がいたら

参考にしてみてください。

 

 

 おしまい。